接待交際費、5千円から1万円へ拡大

令和6年の税制大綱が発表されました。 令和6年4月1日以降に支払わられる交際費のうち、 中小企業の接待交際費から除かれる金額が5千円以下から1万円以下に変更されることになりました。 こちらにより中小企業が飲食費を使用しやすくなりました。 なぜ飲食費を使いやすくなるのか。前提を確認しましょう。 その後この5千円から1万円の変更の意味を解説します。 1そもそも交際費とは 中小企業は800万円まで交際費として経費にすることができます。 本当はもう少し細かなお話がありますが、まずは概要だけ押さえましょう。...

納品書にインボイス番号を記載必要はあるか。

令和5年10月1日からインボイス制度が開始しました。 インボイス対応する請求書には要件があります。まずは1枚で発行する場合の請求書について確認をします。 続いて、納品書など複数発行した上で、まとめて請求書を発行する場合について解説をします。 1請求書1枚を発行する場合 インボイスに対応する請求書は、適格請求書、適格簡易請求書の二つがあります。 適格簡易請求書はスーパー、飲食店、タクシー業など不特定多数の人に商売をする方が発行する場合に使用します。 今回は適格請求書について解説をします。...

フリーランス医師・歯科医師の報酬は事業所得ではなく給与所得

結論は事業所得とすることは難しく、給与所得になります。それでは詳細を見ていきましょ。 1給与所得・事業所得とは 給与所得とはいわゆるサラリーマンと同じです。 国税庁HPの説明によりますと給与所得とは次のように説明があります。 「給与所得とは、使用人や役員に支払う俸給や給料、賃金、歳費、賞与のほか、これらの性質を有する給与に係る所得をいいます。」 次に事業所得です。いわゆる個人事業主としての収入です。こちらも国税庁HPの説明をみましょう。...

個人事業主医師・歯科医師の節税方法

クリニックや歯科医院を開業して暫くすると軌道に乗り利益がでます。 利益が出始めてから節税対策をするのではなく事前に対策をすることが大切です。 節税というとまず初めに思い浮かぶことが医療法人化ではないでしょうか。 医療法人化にはメリットがある一方でデメリットもあります。そこで医療法人化より手軽に出来る節税方法をご紹介します。 1まずは家族への所得分散 医師、歯科医師で配偶者がいる方はまずは配偶者へ給与を支払いましょう。 なぜ配偶者に給与を支払うと節税になるか。 それは所得分散です。こちらをご覧ください。...

子どもが歯学部へ進学した場合の学費

子どもが歯学部に進学にしたいと言い出したら。学費はどれくらかかるか想像できますか。 進学まじかになってから知るのと事前に知っているのでは全然違いますのでぜひ参考にしてください。 1歯学部へ進学した場合 ご自身の歯科医院を継がせたいから子どもに歯学部に進学してほしい。 子どもが歯学部に進学したいと言っている。 この時、大きな問題になるのが学費です。 私立の歯学部の学費となると初年度は600万円。 卒業までに学費や教材を合わせて3,000万円かかります。 さらに子どもが一人暮らしを始めるとなると生活費もプラスされます。...